タイツ神の布教活動報告書

thisBlog of the Tights, by the Tights, for the Tights

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「タイツ神の布教活動報告書」のご利用案内 warukai-top.jpg pict by WARUKAI

まずこのブログは大航海時代オンラインボレ鯖の
タイツ教教祖の布教活動の報告書である。
*スパム対策で半角の「http」「ttp」を含むコメントは出来ません。[tp]でヨロ
続いて著作権について
「 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」

当サイトで利用している『大航海時代 Online』の画像及びデータに関する知的財産権は株式会社コーエーに帰属するものである。 サイト掲載の画像及びデータの二次利用・転載は
DOLユーザーであれば構わないです。
けど上記色付き部分の一文を必ず記載する事。
以上、タイツ神との約束だ!!
更に読んでおくともっと安心なタイツ教入信の方法は下記URLに記載
当方とガッチリ絡んだ人、一言二言ではなく結構会話する方は一読下さい。
〓〓〓タイツ教入信方法〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーサイト

--------------:--
読むなら押す、それは教徒の義務→



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼絶景かな神の建築物

2007-08-27-Mon-06:50
読むなら押す、それは教徒の義務→



うむ ずいぶんと間が空いてしまったな・・・

今回は神が作ったと言っても過言ではない、
世界に散らばる雄大なる建築物を紹介しよう。

まずはコレだ。
先日もっさり司祭も踏破したと言っていたが
コラーナクの太陽寺院だ。
実は私はずいぶん前にギルドの依頼で探索に向かい、発見していたのだが
今回は寺院に深く関わる、車輪について調べて来いとの事だった

ジャングルを掻き分け、向かうは太陽寺院!

二度目となる探索だが、破損が激しいながらもやはり美しい
如何なる人物が設計図を描き、如何なる人物が作り上げたのだろうか?

20070820192418.jpg


いや 外観に惚れ惚れしている場合では無い。
車輪について調べなくては・・・

探索はワケも無く終わった。

何故かというと、正面の入口?に堂々と飾ってあるからだ・・・

20070820192429.jpg


判るだろうか? あれが寺院を象徴する車輪だ。
なんでもこの寺院は太陽神である「スーリヤ」(スーリア)の馬車として建造されたものらしい。

古代の人間は考えるスケールが違う・・・崩れ去る前は全高70メートルを誇っていたとかいないとか・・・

タイツ神もコレだけの建築物を建立できるだけの、大いなる力を手に入れたいものだ・・・・

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。